女性につきあって、買い物に行ったとする。

「これとこれ、どっちがいいと思う?」

と聞かれるとき、女性の中では既にどちらがいいか決まっている事が多い。

ただ後押しが欲しいだけなのだ。

いいと思っている方を選んだ時は

「やっぱそうだよね!」

ってなる。

でも違う方を選んでしまったら

「はぁぁ?」

なんて事になり兼ねない。

ほんとロシアンルーレットみたいだよね。
 
 
***

僕も既に自分の中で結論が出ているが、後押しが欲しくて人に相談するなんて事はよくある。

日光ハイウェイマラソンのエントリーの件。

僕の中で結論は出ていた。
ただ、後押しが欲しかった。

でブログに書いたら、多くの後押し(後ポチ?)を頂いた。

そんなわけで、めでたくエントリー。

01
 
 
いや、全然めでたくねーのさ!
これが。
 
 
***

昨日の夕方の事。

「エントリーしてくれました?」

なんて感じで、例の後輩が確認にやってきた。

「いや、まだ。ちょっと悩んでる。」

って返答すると、

「何を悩む必要があるんですか!結論は既に出てるはずですよ。」

と、見透かしたように後輩は言った。

うう。鋭い。
確かに結論は出ていた。

「わかったよ。後でエントリーしておく。」

と言うと、

「実はエントリーして無かったとか言って、走る走る詐欺は困るんで今エントリーして下さい。」

と後輩。

そうか、そうか。
そんなに俺と一緒に走りたいのか。

ちょっぴり嬉しくなった。

ってなわけで、後輩監視の下でエントリーを行った。

エントリーが終わって、

「頑張ろうな。」

と声を掛けると、

「はい!彼女の前で格好いい所見せたいです。」

後輩はやる気に満ちた表情をしていた。

「俺も友だちの前で格好いい所みせたい!」

と、僕もやる気をアピール。

ところが後輩は、

「友だちって誰ですか?」

と、意味不明な事を言った。

???

こいつ何言ってるんだ!?
 
 
「誰って、彼女の友だちも来るんでしょ?」

「いいえ。」

「いやいや、昨日彼女の友だちも来るって言ってたよ。」

「ああ、あれ。来たらいいですねって話しですよ。」
 
 
な、なんと、友だち来る来る詐欺だったー!

さらに追い討ちをかけるように、

「運転、よろしくお願いします。僕は初フルで足が使い物にならないと思うので。」

と、言い放った。

おいおいおい。
アッシーにする為に誘ったのかよ!

しかも僕の運転で、帰りは後部座席で彼女とイチャイチャするに違いない!
 
 
悔しいです!
 
 
 
↓ な~に~、やっちまったな!ってことで、おひとつポチっと。

いいね!

現在のランキング

広告