ブログを書くことと走ることは似ている。

なんていう記事をたまに見かける。
僕も同感だ。

似ていると感じる事を列挙してみる。

  • 軽い気持ちで始められる。
  • ぼっちでできる。
  • どちらも自己満足の世界。
  • 習慣化すると良さげ。
  • 気持ちを切り替える(リフレッシュする)事ができる。
  • 無性に書きたい・走りたい時と、あまり書きたくない・走りたくない時が周期的に訪れる。
  • 書き始め、走り始めは非常にスローモー。
  • しかし、ノッテくると手が・脚が軽快に動く。
  • ランナーズハイ同様に、ブロガーズハイもあると思う。
  • 気合を入れ過ぎると、どちらもあまり良い結果にならない。
  • 肩の力を抜いて書く・走る位がちょうどいい。
  • 美女ガー、美ブロガーに会えそうで会えない。
  • どちらもベースにあるのは下心。

 
 
まあ、異論・反論あるだろうが、僕が感じているという事で。
 
 
***

幸か不幸か、大した才能も無いのに書くことも走ることも好きだ。
書くと走りたくなるし、走ると書きたくなる。
なんとなく、相乗効果があるような気がする。

じゃあ、走らなくなったらブログも書かなくなるか。
これは断じて無い。
そもそもがランニングブログじゃないからだ。

もともとは、おっさんのどうでもいい日常を書き留める為に始めたブログだ。
最近はランニングブログっぽい事も書いているが、それは今たまたま走る事が日常になっているからに過ぎない。

だから走らなくなっても、違う日常を書いていく。

その逆はどうか?
ブログを全く書かずに、走るかどうか。
これは微妙だ。

うまく表現できないが、つい先日シーズン13がスタートしたドラマ『相棒』の関係に似ている。

水谷豊扮する杉下右京。
当然主役の彼は、シーズン1からずっと出続けている。

もう1人の主役となる相棒はどうか。

1代目:寺脇康文扮する亀山 薫
2代目:及川光博扮する神戸 尊
3代目:成宮寛貴扮する甲斐 享

ちなみに相棒の名前あるあるはこちら

現在は3代目だ。
つまり、相棒が変わってもドラマ『相棒』は終わらない。

じゃあ、杉下右京が死んだらどうなるか。
鑑識の六角精児扮する米沢 守が主役になるとは思えない。
恐らくドラマは終わるだろう。

僕の中でブログは杉下右京であって、走る事は相棒というわけだ。
走る事を止めても、また新しく別の相棒が現われてブログは続くと思う。
でも右京が死んだら、相棒は相棒で無くなり役目を全うする。
 
 
はいぃ?(by 杉下右京)

例えがいまいち?

いいの。いいの。
はいぃ?が言いたかっただけだから。

まあなんとなくだけど、ブログを止めたら走らなくなるような気がするわけで。
 
 
***

話は変わるけど、昔から僕のブログを読んでくれている方に

「最近下ネタ減ったね。」

なんて言われた。

言われてみれば、確かにそんな気もする。
決して好感度を上げようとしているわけじゃない。
意識しているわけじゃない。
 
 
 
もしかしてだけど、

もしかしてだけど、

俺ってそんなに下ネタ好きじゃないんじゃないのー。
 
 
 
↓ 書くことと走ることが似ていると感じる方も感じない方も、おひとつポチっと。


いいね!

現在のランキング

広告