東京発のやまびこ201号 降りた時から

那須塩原は ガチの中

会場へ向かうランナーの群れは 誰も無口で

胸の鼓動だけを 聞いている

私もひとり シャトルバスに乗り

完走できず坊主になる夢みて 泣いていました

ああ 関門海峡 冬景色
 
 
ごらんあれが大田原 メイン会場

見知らぬ人が 指をさす

涙でくもるサングラス 拭いてみたけど

わずかな希望 みえるだけ

さよならみなさん 私は帰りたい

スタートの音が胸をゆする 走れとばかりに

ああ 関門海峡 冬景色

 
 
***

てな感じで始まった、大田原マラソン。

この大田原マラソンには、4つの関門がある。

第1関門 12.7キロ地点 スタート後75分

第2関門 23.7キロ地点 スタート後2時間14分

第3関門 33.3キロ地点 スタート後3時間10分

第4関門 38.3キロ地点 スタート後3時間40分
 
 
では、僕のそれぞれの関門付近の通過時間をみてみよう。
(アンビットちゃん測定)

【第1関門】

12キロ地点で1時間3分。
関門は余裕で通過。
この時は関門の事など、全く意識していなかった。

【第2関門】

23キロ地点で2時間1分。
ここもまだ時間的には10分以上あったので、余裕だった。
しかし、ペースが落ちてきていたので、少し心配になった。
関門打ち切りの不安は、まだなかった。

【第3関門】
33キロ地点で3時間2分。
打ち切り時間まで、10分を切っていた。
関門では5分前から、係員のカウントダウンが始まるらしい。
この関門では、辛うじてカウントダウンを聞くことはなかった。

しかし、ペースはガタ落ち。
ついに関門打ち切りの不安が、脳裏をよぎった。  
  
 
***

第3関門と第4関門の距離は5キロ。
第3関門をギリギリで通過しても、第4関門まで30分ある。
キロ6で行ければ、何とか通過できる。

しかしだ。
第4関門をギリギリで通過した場合。
ゴールまでの4キロを20分で進まないといけない。
キロ5で走らないといけないのだ。

残り1キロ位なら、何とかなるかもしれない。
4キロをキロ5でなんて、絶対に無理だ。
したがって、完走するには第4関門をある程度余裕を持って通過する必要がある。
30分は余裕が欲しいところ。

僕の中で、第4関門通過のデッドラインは3時間30分とした。
13時30分までに第4関門に到着したかった。
 
 
第4関門ではけいすさんが応援しているはず。
僕は事前に、

「13時30分までに絶対に行きますから!」

と、けいすさんに誓っていた。
 
 
***

38キロ地点で、アンビットちゃんのアラーム音がなった。
アンビットちゃんを見た。
時刻は13時34分になろうとしていた。
けいすさんに宣言した時間を、4分もオーバーしていた。

第4関門が見えてきた。
その時、誰かが叫んでいる声が聞こえてきた。
良く聞き取れなかった。
関門まであと僅かになったとき、はっきりと聞こえた。

「打ち切りまであと4分30秒!」

なんと係員のカウントダウンだった!

今までなんとか、カウントダウンを聞かずに通過していた関門。
遂に聞いてしまった。

『やばいよ、やばいよ、やばいよ!』

ジュンジ・イナガワどころか、テツロウ・デガワが降臨してきた。
 
 
そして前方に、けいすさんの姿を発見。

お待たせしてすみません!
 
 
01
 
 
せめて、元気な姿を見せなきゃ。
そう思って、笑顔で手を振った。
 
 
いや、それは後付けの理由。

実はけいすさんの隣で、謎の美女が一緒に応援していた。
あれ?
けいすさんは一人で応援していると思ったのに。

この女性に対して笑顔で手を振ったのが、本当のところ。
 
 
一体誰だろう。
あの女性。
息がピッタリの応援。
うらやましいなぁ。
 
 
って、そんな事よりも、こっからどーすんのオレ。

第4関門通過は13時36分。

完走のための第4関門通過のデッドラインは、13時30分。
6分もオーバーしちゃったよ。

残り4キロを24分。
疲れた頭でも計算できた。

キロ6分を超えたらアウトだー!

30キロ以降、ほとんどキロ6分を超えていた。

うぎゃー。
まじで、やばいよ!やばいよ!やばいよ!

テツロウ・デガワ。
マックスで降臨。
 
 
僕にとっての大田原マラソンは、ここからがスタートなのだ!

ついに、ついに、出るのか!?
 
 

「たかし、あきらめないで!」

 
 
つづく。
 
 
 

(余談)

ゴールした後、真っ先にけいすさんに確認した。

「隣で応援していた女の人誰?」

「僕の知り合いで、たかしさんのファンです!」

そんな言葉をちょっと期待した。

で、けいすさんから返ってきたのは、
 
 
「全然知らない人です。」
 
 
だった。
 
 
 
↓ おー、スリリングな展開!なんて思った方も、続きが気になる方も、おひとつポチッと。


いいね!

現在のランキング

広告