ツイッターのフォロワーさんから、こんなのがありますよと教えて頂いた。

KISS公認 地獄のメイク・コンテスト

来月の来日を記念したイベントらしい。

概要はこんな感じ。

・グループまたはソロでメイクした写真をネットから送る。

・KISSが審査して優勝者を決める。

・優勝者は、彼らのオフィシャルHPである「KISS ON LINE」にて、コンテスト・ウィナーとして全世界に向けて紹介される。

・副賞として、各公演地にて特製グッズをプレゼント。

・優勝者は複数の予定。

走っているKISSとかって、シュールでうけるかも。
応募しちゃおうかなぁって思ったら、全国公演のチケット購入者が対象らしい。

残念。
 
 
***

さて、新宿シティマラソンのレポ。
 
大田原マラソン以降、筋トレに傾倒してしまい、あまり走っていなかった。
走ったとしても、ジムのトレミがメインだった。

12月に走った距離は115Km。
1月もフロストバイトが終わった時点で、80Kmしか走っていなかった。
キロ5分を切る、スピード練習(?)みたいなのは一切やっていなかった。

こんなんで、ハーフをガチで走れるんかいな。

不安に思った僕は、自分を追い込むというか、乗せるためにある作戦を考えた。
それが、『シティーハンター作戦』。

自分自身で煽り記事をブログに書いて、気分を盛り上げようと思った。
 
 
***

新宿シティマラソンは抽選で行われ、3年連続で申し込んで、外れている。
今回も本選では外れたのだが、追加抽選で当選した。

周りに参加する人はいなくて、ぼっち参戦となった。
フロストバイトの和気藹々とした雰囲気から一転、静かに行って静かに帰る。
原点回帰だった。
こんな孤独な感じも嫌いじゃない。

眠らない街、新宿。
そこで犯罪者を追い詰める、孤高の一匹狼。
気分は『新宿鮫』出てくる鮫島刑事だった。
 
 
***

ハーフのコースはこんな感じ。

13_courseHalf_02
 
 
いつもは国立競技場がスタート・ゴールらしいが、工事中のため今年は神宮球場がスタート・ゴールとなった。

スタートは9時。
8時くらいに球場に到着した。

不思議なもんである。

20代・30代の頃は土曜の夜から遊んで、日曜の明け方によく新宿の街をフラフラした。
不埒な事もしていた。
あの頃の朝日は、僕には眩し過ぎて目障りだった。

それが今では。

朝っぱらから、この街を真剣に走ろうとしている。
燦々と輝く朝日を享受していた。
 
 
***

9時。
号砲が鳴らされた。
待機中は少し寒かったが、走り出すとちょうど良かった。

最初の1キロは混雑していて、思うように走れなかった。
やがてばらけてくると、自分のペースで走れるようになった。
ここからは、キロ4分台でいけるところまで行こうと考えた。

その為には、同じ位のペースの人について行くのが一番だ。
僕は同じようなペースで走る人を探した。

いた!
ロックオン!

気づかれないように、そのランナーの後ろについた。
 
 
そう。
オレは孤高の一匹狼、新宿鮫。
 
 
美ジョガーの尻を追いかける、コバンザメ。
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告