motoさんのこの記事が興味深かった。

motoさんは言わずと知れた、自他ともに認める筋トレランナー。
おこがましくも、僕の目標であったりする。

記事の中で、ランと筋トレのバランスが難しいと書いていた。

曰く、
 
 

筋トレやって筋肉つける → 体重増える → マラソン遅くなる
走りこんで持久力上がる → 体重落ちる → ベンチあがらなくなる

 
 
あんだけムキムキで、あんだけ速かったら、僕ならウハウハだ。

しかし、motoさんはそのジレンマに悩んでいるようだ。
 
 
***
 
 
僕のバヤイはどうか。
全然レベルが違うのは十分承知のうえで。

大田原マラソンが終わって、12月から3ヶ月。
筋トレに力をいれた。

それまでも筋トレはやっていたけど、フリーウェイトは一切やらず。
なんちゃって程度の筋トレだった。

この3ヶ月は、フリーウェイトを中心にやってみた。

ベンチプレス童貞だった僕は、初めてのベンチプレスにハラハラドキドキだった。
2日後に襲ってきた近年稀に見る筋肉痛に、嬉しい悲鳴。

最初はベンチプレスだけだった。
やがてブログとかを読み漁って、『筋トレビッグ3』という言葉を知った。

何この、たけし、さんま、タモリのお笑いビッグ3的な響き。
もちろん、すぐに食いついた。

筋トレビッグ3とは。
ベンチプレス・スクワット・デッドリフトの事をいうらしい。
とりあえずこの3種目をやれば、全身の筋肉を隈なく鍛えることができるようだ。

で、ユーチューブなんかでやり方を見て、スクワット・デッドリフトも取り入れるようにした。
 
 
***
 
 
筋トレに夢中になると、当然走る量は減った。

大田原マラソン前の3カ月はこんな感じだった。

8月 204Km
9月 215Km
10月 199Km

それが、こうなった。

12月 115Km
1月 155Km
2月 147Km

見事な減りっぷり。

ランと筋トレのバランスはどうか。

大田原前が7:3位だった。
今は逆転して、3:7位だろうか。

気持ち的な部分も含めて。
 
 
***
 
 
こんなんで、2週間後の板橋シティマラソンは大丈夫なんだろうか。
走行距離だけ見ると、悲観したくなる。

しかしだ。

1月の新宿シティと先週の立川シティ。
ともにハーフだったけど、PBを更新する事ができた。

これはどういう事なんだろう。
筋トレの効果なんだろうか。

良く言われる『体幹』が鍛えられた。
って事なんだろうか。

たまたまなんじゃないの。
ハーフだから通用したんじゃないの。

なんて事も当然、思っている。
 
 
***
 
 
板橋シティマラソンはフル。
果たして、筋トレ重視でやってきた結果が吉とでるか凶とでるか。

今から楽しみだ。

全然走れんかった!
なんていう結果になりそうな、恐怖も感じてるけど。
 
 
ちなみに。
ここ最近のOPPで、肛門括約筋もかなり鍛えられた!

これが板橋でどんな働きをしてくれるか。
それも楽しみだ。
 
 
括約筋 活躍せずに 大惨事 (字余り)
 
 
だけは避けたいところ。
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告