横浜マラソンの応援。
本当に楽しかったし、熱い走りに感動した。

簡単にまとめておきます。
 
 
***
 
 
この方の撮影してくれた写真が、秀逸過ぎて感動。

いつの間に撮ったの!

っていうアングルがたくさん。
ほんと凄い。

これとか。

ハマリーマン
 
 
背景のぼやけ具合がなんともいえない。

履歴書の写真にも使えるじゃん!

なんて思った。
って、使えるか!
 
 
一応、この方をイメージしてるんだけどね。
 
 
ディーン
 
 
ジェームス・ディーン。

え!?
ふざけんな?

まあ、そうですよね。
 
 
***
 
 
【4キロ地点】

当初の5キロ地点よりやや前の方で応援。
白塗り予定だったが、到着がちょっと遅れてしまいスッピンでヅラのみ着用。

沿道に一人で佇んでいると背後から、

「たかしさんですか?」

という声。

振り返るとキクチさんだった。

前日に『起きられたら行きます!』というメッセージをもらっていた。
どうやら起きられたようだ。
というか、途中まで(20キロ位)走ってきたらしい。

motoさんからも連絡があって、横浜に向かっているとの事。

ぼっちかと思っていたので、嬉しかった。

程なくして、motoさんと合流。
満面の笑顔でmotoさんに近づく、キクチさんとオレ。
 
 
キクチさんと
 
 
横浜マラソンだから許されるツーショット。
何も無い日に、街中で会ったら確実に通報されそうだ。
北野たけしの映画に出てきそうな、下町のチンピラっぽい。
お揃いっぽいマフラーしてるし。
 
 
4キロ地点は3人で応援。
まだ集団がバラけておらず、怒涛の勢いでランナーが駆け抜けていった。

街灯の脇に立っていたので、ランナーからはこんな感じで見えていたらしい。
 
 
リーゼント
 
 
単なるデーハーな頭をしたおっさんだった。
 
 
このまま白塗りしなくてもいいかなぁ。
なんて考えていたら、チャイナドレス隊を率いて走っていたユキさんに

「白く塗ってない!」

とダメだしされた。
 
 
***
 
 
【ぼっち練ゼッケン】
 
 
応援を開始して、5分後くらいだったろうか。
隣のキクチさんが、ぼっち練のゼッケンを手に持って応援を始めた。

おお、ナイスアイディア!

なんて思った瞬間。
ぼっち練のゼッケンはキクチさんの手を離れ、ヒラヒラと沢山のランナーが走る路上へ。

えー!

キクチさんは尚もゼッケンを持ったつもりで、手を高く掲げていた。

「キクチさん、キクチさん、あれ。」

「あっ。」
 
 
ゼッケン
 
 
お互い10秒ほど無言で、ゼッケンを見つめた。

その後ゼッケンは多くのランナーに踏まれ、蹴飛ばされ、数十メートル移動。
人が少なくなったところで、無事救出。

思わぬ形での参加となりましたとさ。
 
 
***
 
 
【40キロ地点】
 
 
4キロ地点で最後のランナーを見送り、40キロ地点へ移動。
その途中で、別の場所で応援していたデグチさんに会うことができた。

ダメ出しを貰ったので、40キロ地点は白塗りする事に。

そしてこの4人で応援。
 
 
みんな
 
 
左からデグチさん、motoさん、オレ、キクチさん。

オレが缶コーヒーを飲んでいたら、

「いいですね、それ。」

と言ってキクチさんも買いにいった。

戻ってきたキクチさんが手に持っていたのは、缶チューハイのロング缶だった。
ちなみに時刻は、まだ10時。
 
 
応援は沿道の両サイドに別れて行った。

プロ顔負けのカメラを持ってランナーを激写する、motoさん&デグチさんチーム。

かたや。
2本目の缶チューハイと白塗りでハマ汁(エアサロ)を持った、キクチさん&オレチーム。

応援という大義名分を利用して、飲みたいだけ。
白塗りしたいだけじゃねーか。
という気がしなくもない。
 
 
それでも、多くのランナーとハイタッチする事ができた。

中には、ハイタッチを背後から激写するおばさんも。
 
 
ハイタッチ
 
 
***
 
 
【かけ声】
 
 
応援のかけ声って意外と悩む。

40キロ地点で、『頑張れ!』っていうのもどうかと思うし。
『ファイト』とか『ナイスラン』は無難だけど、ありきたり。

5キロ地点で『あと37キロ!』はふざけんなだけど、
40キロ地点で『あと2キロ!』はありかなと。

仮装をした人は、声をかけやすい。

他には、Tシャツのロゴを読み上げたり。

「ナイスベイスターズ!」

「ナイス○○走友会!」

みたいな感じで。
 
 
いよいよ困ったら、「ナイスENEOS!」で。

ちなみにENEOSはスポンサーなので、全員のゼッケンにロゴが入っていた。
 
 
隣のキクチさんはほろ酔いなのか。
ゼッケンを読み上げて、「ナイス○○○番!」

と、

「ナイス美ジョガー!」

を連呼。

もはや何でもありって感じだった。
 
 
***
 
 
【ハマ汁】
 
 
ところで、ハマ汁(エアサロ)の需要はあったのか。

40キロ地点なんで、屈伸とかするランナーも多かった。

「エアサロありますよー。」

と声をかけても、

「大丈夫です。」

と反応はイマイチ。
 
 
でも、使ってくれた方いました!

その方からは、お礼のコメントまで頂いた。

初めまして。
今日、一番にエアサロをお願いした者です。あれのおかげで最後の2kmを頑張って走れました。
ありがとうございました!

 
 
いやぁ、嬉しいです!
 
 
ちなみに。
『一番にエアサロをお願いした者』と書かれていますが、最初で最後の人でした!
 
 
 
そんなこんなの横浜マラソン。

大いに盛り上がりました!
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告