昨日の年度目標。
大半の方は『冗談でしょ。』と思われたかもしれない。

単にエモーショナルを使いたかっただけでしょ?

うむ。
まあ、それは否定できない。
 
 
会議には同じ事業部の後輩Bも参加していた。
ちなみに、胡散臭い後輩Aは違う事業部。

会議後。
後輩Bが僕の所にやってきた。

「あれはズルいですよ。冗談にも程があります。」

と、後輩B。

「冗談じゃないよ。」

鬼瓦権造のマネで返してみたが、伝わらず。

結局、後輩Bには冗談だと思われている。
 
 
くっそー。
見てろよ!
 
 
***
 
 
そんなこんなで、かすみがうらマラソンまであと10日。

ひー。
あと10日かよ!

『やばいよやばいよ。』

の、テツロウ・デガワ状態。

とはいえ、今年度1発目のレース。
しっかり走って、目標実現に向けて弾みをつけたいところ。
 
 
***
 
 
目標実現に向けて僕に足りないもの。

走力とか、練習量とか、足りないものは沢山ある。

それらを克服するには、やっぱりロジカルな戦略が必要かと。

・データを分析して、練習内容を考える。

・過去のレースを反省し、次のレースに活かす。

・コースや天気などの条件から、レース運びを考える。

・優秀な人の練習を研究して、自分の練習に取り入れる。
 
 
などなど。

大抵の人は、当たり前にやってる事かもしれない。

しかし。
僕はこれが全くできていない。

練習やレース運びも、エモーショナルなのだ。
 
 
***
 
 
例えば。

去年11月に走った大田原マラソン。

前半のラップが01:52:17。
後半のラップが02:07:22。

完全に前半突っ込み過ぎて、後半大失速している。

先月走った板橋Cityマラソンはどうか。

前半のラップが01:49:59。
後半のラップが02:04:11。

同じような感じで、後半失速している。
全然反省してないし、失敗が活かされてない。

一応は思っている。
前半は抑えなきゃって。

でも、本番になるとロジカルな思考なんてふっ飛ぶ。
雰囲気に流され、エモーショナルでイケイケ状態になっちゃう。

だってさ。

前半抑えて走っても、結局30キロ辺りで脚は売切れそうな感じがするんだよね。

前半抑えたのに、後半も大失速。
これって悲惨じゃないか?

老後に備えて若い時我慢してたのに、長生きできなかった。

みたいな。
 
 
そんな恐怖心が常にある。
 
 
とはいえ、前半突っ込めば後半撃沈する。
これは火を見るより明らか。

前半抑えてみる。
ってのも、やってみないとわからない。
 
 
*** 
 
 
先日の報道ステーション。

競歩の世界新記録を出した鈴木雄介選手と松岡修造が対談をしていた。

鈴木選手が、

「気持ちで試合は勝てない。」

と断言していて、

「喧嘩売ってるのか。」

と松岡修造が返していた。
 
 
気持ちも大事だが、練習以上のものは出せないって事なんだろう。
 
 
今年度は、もっと練習やレース運びの質を高めたい。

なんて事を思っている。
 
 
うーん。
どうしちゃったの?

ってくらい今日は真面目だな。
 
 
 
あれこれ考えるのは春のせい?暇だから?おいおい暇じゃねーし!
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告