映画、『ラスト・サムライ』

好きなんだよねー。
何度観ても泣ける。

渡辺謙。
いいよね。

どうせハゲるなら、あんな風にハゲたいな。
 
 
***
 
 
『夜の(大人な)ぼっち練』

■日時:4月28日(火)19時から
■場所:新宿を予定

参加者募集中です!

参加者リスト。
PCの場合はサイドバー、モバイルの場合はメニューの歯車をタップで確認できます。

・甲府から来るひと
・翌日トレイルの大会なのに来るひと
・ランクラの練習会の後に来るひと
・会社を半休取って来るひと

と、皆さん気合入ってます。

ゲスい話を肴に、楽しくグビりましょう!

参加希望の方は、本日(24日)23時までにご連絡下さい。

以下のフォームからお気軽にどうぞ。
 
 


 
 
***
 
 
かすみがうらマラソンで、僕が掲げた『3つのテーゼ』。

1.前半抑える!

2.デオドラントシートの有効活用

3.チャイナシスターズに会う
 
 
残るは1つ。

【前半抑える!】

のみ。

ようやく、走りを振り返る。
 
 
***
 
 
当初のプランは以下の通り。

・30キロまではキロ5分20秒からキロ5分30秒で走る。

・30キロから気持ち上げて走る。

・残り5キロさらに上げる。

上げ上げ作戦だ。

前半のハーフを1時間55分。
後半のハーフを1時間54分。

これが目標。

最悪でも、後半のハーフを1時間55分のイーブンで。
 
 
結果はどうだったのか。

珍しくラップを載せて検証だ!
 
 
***
 
 
●スタートから5キロ

6:45 5:41 5:47 5:25 5:31
計29:09 平均5:50

噂には聞いてたが、スタートの渋滞がひでぇ。
スタートラインを超えてからも歩いてる大会は初めてだ。
Aブロックの人もスタート後に歩いたらしい。

3キロ過ぎまで走りにくい状態が続いた。
4キロ地点から想定ペースで走れるようになった。
 
 
●5キロから10キロ

5:27 5:20 5:28 5:22 5:27
計27:04 平均5:25

いい感じだ。
それもこれも、ボイスパーカッション(ボイパ)たまさんのおかげ。

1キロ毎。
すぐ後ろを走る、ボイパたまさんから発せらるラップ。

「チェケ チェケ チェケ チェケ ゴフンニジュウビョウ チェケラッチョ!」

「YO YO YO イイペース DA YO!」

ボイパのラップに乗って、ラップを刻んだ。
 
 
●10キロから15キロ

5:23 5:26 5:23 5:26 5:18
計26:56 平均5:23

この区間も順調だった。
15キロ目。
ちょっと調子に乗って、5分20秒を切ってしまった。

「シャカ シャカ シャカ シャカ チトハヤイ プシュー」

すぐさまボイパたまさんから、警告ラップが飛んできた。
 
 
●15キロから20キロ

5:35 5:19 5:27 5:21 5:16
計26:56 平均5:24

給水などで少し遅れた所もあるが、いい感じだった。

前半のハーフは、1時間55分42秒。

心肺も脚も余裕があった。

いける!

この時はそう思っていた。

そして後半戦へ。
 
 
***
 
 
●20キロから25キロ

5:35 5:11 5:25 5:21 5:21
計26:56 平均5:23

前半のハーフが想定よりちょっとだけ遅かった。

取り戻そうと思って、少しペースを上げた。

「マダ マダ マダ マダ マダハヤイ プシュー」

ボイパたまさんの声で我に返った。

そうだ。
まだ早い。
 
 
●25キロから30キロ

5:22 5:25 5:17 5:32 5:20
計26:56 平均5:23

そして遂に30キロ。
ペースも落ちなかった。

脚もまだ大丈夫。

さあ、上げるぜ!
 
 
●30キロから35キロ

5:25 5:40 5:29 7:24 5:19
計29:18 平均5:52

うっぷす!
思ったほど上がらなかった。

どういう事?
落ち着け、落ち着け。

そうだ!
こんな時は戦略的トイレだ!

34キロ地点。

「たまさん!トイレいきます!」

そう叫んで、トイレに向かった。

「えっ、えっ、えーー!」

正確なビートを刻んでいたボイパたまさんが、初めて見せた動揺。

戦略的トイレのはずだったのに。
出る出る、出る出る、でるでるマーカー。

俺の膀胱は、霞ヶ浦と繋がってるんじゃないかって位出る。

たまさんとは、ここでお別れか。
なんて考えながら、放水作業。
 
 
 
「さあ、いきましょう。」

トイレから出てくると、そこにはボイパたまさんが。
 
 
た、たまさん・・・。
 
 
おっと、泣いてる場合じゃねぇ。

行かなきゃならねぇ。
 
 
●35キロから40キロ

5:43 5:26 5:36 5:51 5:30
計28:06 平均5:37

35キロ過ぎ。
ついにアイツが来やがった。

そうか。
そうか。
やっぱり来たか。

お前はそうやって、いつも俺を蝕んでいく。

でもよぉ。

40キロ地点には、チャイシスターズがいるんだよ。

なあ。
頼むよ。

もう少しだけ。
もう少しだけ。
俺を動かしてくれよ!

チャイシスターズには、無様な格好見せられねぇんだよ!
 
 
●40キロからラスト・サムライ

5:52 5:29 2:29

チャイシスターズの視界から外れると、またペースが落ちてしまった。

3時間50分切りも、自己ベスト更新さえも絶望的だった。
  
   
 
「大将。最後、上げましょう!」

ボ、ボイパ・・・。

お前さん、いつの間に人間の言葉を。
 
 
ネガティブスプリットなんて、土台無理な話だった。
 
それでもさ。
やっぱり最後は見せたいんだよ。

サムライスピリッツを!
侍魂を!

最後は意地で上げた。

後半のハーフは1時間59分28秒だった。
 
 
トイレに行かなければ、自己ベスト更新だったかもしれない。
スタート直後の渋滞がなければ・・・。

でもそんなのは、今さらジローな話だ。
 
 
***
 
 
なあ、ボイパ。

俺は最後、サムライになれたかな。

ラスト・サムライになれたかな。
 
 
「チェケ チェケ チェケ チェケ サムライラシクオトシマエ チェケラッチョ!」
 
 
え!?

お、落とし前?
 
 
 
そ、そうか・・・。

そうだよな。
 
 
 
 
 
切腹! 
 
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告