昨日も仕事を定時で切り上げて、とある場所へGO!

向ったのはこちら。

クライミングジムである。

胡散臭い後輩Aに誘われて、ロープクライミングの体験講習を受けてきた。
台風が来てるんだから真直ぐ帰れよって感じだが、予約してあったので行く事に。

台風だから人はあまりいないかと思ったら、結構混雑していた。
20名位いただろうか。

男女比は半々くらい。
年齢層は小学生から60代くらいの方までと幅広かった。
結構人気があるスポーツだと感じた。

そういえば、安倍首相もやってたな。
 
 


 
 
体験講習を受けたのは後輩Aと僕と、20代と思われる女性の3人だった。

最初はロープを使わない低い壁で、ボルタリングの基礎を習った。
後輩Aと女性はボルタリングの経験あり。
僕はボルタリングも初体験だった。

ボルタリングの講習が終わり、いよいよロープクライミングの体験。

壁の高さは10メートルくらい。
下から見上げると結構な高さだ。

「ロープは絶対に離しませんから、安心してください!」

とインストラクターの方に言われ、登り始める。


 
 
半分位まで来ると、手が大分疲れてくる。
手を休めながら、先を目指す。


 
 
「下は見ない方がいいですよー。」

とインストラクターの方。

そう言われたら、見たくなるじゃないか。
思わず下を覗き込んでしまった。

ひー。
高所恐怖症ではないが、なかなかスリリング。

ゆっくりと休み休みで、何とか頂上まで。


 
 
ボルタリング経験者の後輩Aと女性の方は、スイスイと登っていた。
 
 
その後、やや難易度を上げて2回ほど登った。

終わった時は手に力が入らなくて、笑っちゃう位震えていた。
アンケート記入とかあったんだけど、何を書いたか判読できないレベル。
ペンを持つのもままならなかった。
 
 
初めてのロープクライミング。
かなり疲れたけど、面白かった!
はまるかどうかわからないけど、またやってみたい。
 
 
とりあえず、後輩Aと一緒にロープの講習会に参加する事にした。
このロープ講習を受けると、下でロープを扱えるようになる。

つまりは、後輩Aに命を預ける事になるわけだ。

うーん、大丈夫だろうか。
 
 
***
 
 
さて、『上手くなりたい』シリーズも今日が最後。

予想通りかも知れないが、最後は『○○○が上手くなりたい』編だ。

果たして、○○○に入る3文字とは何だろうか。

中二病な方なら、色々な事を想像しちゃうはず。

もしかして、アルファベット3文字。
いやいや、カタカナ3文字かもよ。

いくつかヒントを。

・男性なら上手くなりたいと思う人は多いかも。

・これをされると嬉しい女性は多いかも。

・する方もされる方もドキドキだ。
 
 
どうでしょうか。
このヒントでわかりますか。
 
 
***
 
 
ロープクライミング。
降りるときはロープの根元を握って、壁を足で蹴りながら下がっていく。
レスキュー隊なんかが、ロープでビルを降りる時のイメージ。


 
 
壁を上手く蹴らないと、体が当たってしまい怪我をする。

つまりは、両足で上手い事壁ドンしないといけない。
 
 
 
そんな訳で正解は、

『壁ドンが上手くなりたい』

でした。
 
 
 
ええ。
強引ですが、何か?
 
 
 
よろしければ、おひとつポチっと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告