この前の日曜日。
洞爺湖マラソンが行われた。

ツイッターでフォローしている、アシックスランニングクラブのコーチ、池田美穂さんが走られた。

池田さんのゴール後のツイートに、リプライしてみた。

 
 
『お疲れ様でした!』というあたり障りのない言葉。
 
 
なんと返信がきた!

 
 
うっひょー!
ブログ見てくれてる。

舞い上がった僕は更にリプライ。

  
 
またまた返信が!

 
 
やったね!
応援されちった。

『陰ながら』が強調されているけど、嬉しい!
 
 
池田美穂さん、ありがとうございます!

って、ほんと読んでくれてるのかな。
 
 
***
 
 
さてさて、ワタクシのブログ。

記事の下の方に、関連記事というものが表示される。

これは僕が選んでいるわけではなく、システムの方で勝手にピックアップしてくれる。

昨日のエントリーでいうと、こんな感じ。


 
 
結構前に書いたものが表示される場合もある。

『これ、どんな内容だったっけ。』

なんて読み返すと、ある事に気づく。
 
 
『昔の方がキレがあったなぁ。』

と。
 
 
***
 
 
初期の頃は知り合いどころか、読んでくれる人なんてほとんどいなかった。

だから。
そりゃもう好き勝手に書いた。
なんの柵もなく、ノビノビと。

段々と読んでくれる人が増え、ブログを通じた交流も始まった。

それは凄く喜ばしい事だった。

しかし。
それに比例してブログにキレがなくなったような気がする。
まあ元々そんなにキレがあったわけじゃないけど。

知り合いが増えて、柵ができたわけじゃない。

でもどこか意識しちゃって、守りに入ってる感は否めない。
 
 
***
 
 
例えば。

○○○について批判を書こうとする。

待てよ。
確かあのお方は、○○○が好きなはず。

うーん、書くの止めようか。

って事にはならない。

ならないのだが。

ちょっとオブラートに包んでみたり、やんわりとした表現にしたり。
 
 
意識して守りに入るのが、悪いとは思わない。

でも時には攻め込んで、昔みたいにキレのあるブログを書きたい。

なんて事を思う、今日この頃。
 
 
とりあえず今言いたいことは、
 
  
『アシックス最高!』
 
 
 
意識しまくりやんけ。
 
 
 
よろしければ、おひとつポチっと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告