自転車の乗り方とか、泳ぎ方、靴紐の結び方。

これらは大抵、親や先生なんかが教えてくれる。

よくよく考えると、誰かに教えてもらうわけでも無く、自分から率先して習得する事ってあまりない気がする。

ここまで読んで、うすうす感づいた方もいるかもしれない。
タイトルも鑑みて、うすうす感づいた方もいるかもしれない。

うすうすね。

そう、うすうす。
 
 


 
 
学校では避妊の重要性ついては、教えてもらった。

しかし。
着け方はどうか。

先生に教えてもらった記憶はない。
もちろん、親にも。

友だちからはどうか。

入手方法は教えてもらったが、着け方は教えてもらえなかった。

どうやって学んだか。

雑誌(たしか、ホットドッグ・プレス)に書かれていた図解をもとに、コソ練をした。

なるほど、空気が入らないように先っぽを摘むのかぁ。
頭に被せて、クルクルクルクルクル。

ん?
上手くクルリンッパしねぇ。

最初は悪戦苦闘だった。

上手くいった時は、親を呼んで見て貰おうと思ったくらい嬉しかった。
 
 
***
 
 
先日、明るい家族計画の話を書いた。

海外の空港のトイレなんかでも、よく似たような自販機を見かける。

これはケアンズの空港で見かけたもの。
 
 

 
 
日本のに比べて、シャレオツな感じだ。

ミントやデオドラントスプレー、ブレススプレーなんかも一緒に売っている。

もう、やる気マンマンじゃねーかっ!

これって、誰が買うんだろう。

到着した人?
それともこれから飛び立つ人?
 
 
ところで、お気づきだろうか。

そうです!
その通り!

0.04なんです!

海外製のものって、比較的厚目じゃないですか。

そう、あつあつ。

日本、うすうす。
海外、あつあつ。

多分、強度を保ちながら薄くするのって結構な技術が必要なんだろうな。
 
 
***
 
 
厚いと衝撃が吸収されるので、持久戦向き。
薄いとダイレクトに伝わってくるので、ビンビン加速する。

これってランニングシューズと同じかと。

え!?
一緒にするな?
 
 
そして、今や日本にはこんなのがある。
 
 

 
 
あのうすうすを越えた、驚異の0.01。
幸福の0.01。

もうね。
どんだけ早くなりたいんだって話だ。
 
 
薄さも大切だけど、さらに大切なのはフィット感。

いざ勝負!
って時にフィットしないと、それはそれは焦る。

全然、フィットしねー。
カルボナーラはやっぱ、フィットチーネ。

てな感じになる。
 
 
ランニングシューズ同様、使い慣れたのが一番って事かな。
 
 
 
ん?
0.01を使ってるのかって?

まさか!

俺の走力だと、クッション厚目がちょうどいい。

厚目のクッションで、ロング・スロー・ディープにいきたい。
 
 
おめー、水曜の昼間っから何言ってんだって感じだけど。
 
 
 
よろしければ、ポチっと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告