やさしさって何だろう。

困っている時に助けること。

落ち込んでいる時に励ますこと。

悲しんでいる時に慰めること。

だけだろうか。

何もしないで、ただ見守る。
そっとしておく。

これもやさしさなんじゃないかなぁ。
 
 
こんな言葉があるみたいです。

『親切と言う名のおせっかい。そっとしておく思いやり』(相田みつを)
 
 
俺はどちらかというと、思いやりを大切にしたい。

なんて事を思った朝でした。
 
 
ところで。
ランニング合コンのブログに、全くコメントがつかねぇ。
 
 
『ランニング合コンではしゃぐおっさん、そっとしておく思いやり』(たかし)
 
 
***
 
 
さて、ランニング合コンの続き。

フリータイムでのチーム作り。
女性4人・男性9人になって、万事休すかと思われた。

「チームは10名以上で、15名までOKです!」

「完成したチームはその場に座ってください!」

と係員のアナウンス。

フリータイムは1時間。
既に30分近く経過していた。

周りを見ると結構座っている人も。
チームが決まらずウロウロしているのも、圧倒的に男性が多い。

このまま13人でフィックスするか。
それとももう少し粘るか。

下手したらチーム難民の男性2人組がやってきて、女性4人・男性11人になってしまう恐れがある。

「もう、これでいいんじゃない。」

リーダーである後輩Aに聞いてみた。

すると後輩A。

「諦めたら・・・、そこで合コン終了ですよ!」

そう言いながら、どこかに走っていった。

か、かっけぇ。
 
 
***
 
 
数分後。

親指を突き上げて、後輩Aが戻ってきた。

その後ろには2人の女性!

い、一体どこから!?
まさか、他のチームから引き抜いてきた?

「どこで見つけたの?」

後輩Aに聞いてみた。

「ここから受付している姿が見えたんで。」

遅れてきた2人組の女性を、受付前でゲットしたらしい。

恐るべし。

2人組の女性も事情がよく飲み込めてないようで、狐につままれたような表情をしていた。
 
 
こうして後輩Aの活躍で、女性6人・男性9人の15名チームとなって、ファイナルアンサー。
 
 
***
 
 
フリータイムが終了し、ゼッケンを受け取った。

スタートまであと1時間。
この間に、走る順番を決めたり自己紹介なんかをしてチームの親睦を深めようって寸法だ。

まずは走る順番を決めた。
なるべく男・女・男・女・・・ってなるようにした。
俺は14番目となった。

その後車座になって、走る順番で自己紹介タイム。

「○○です。26歳です。東京から来ました。あまり速く走れませんが楽しみたいと思います。」

なんて感じで始まった。

それにしても若い!

その後も20代の人が続いた。

中には24歳の女性も。

おいおい。
俺の娘って言ってもおかしくないぞ。
 
 
いよいよ、俺の番。

ここまで、30代は3人。
その3人てのは、後輩A、後輩B、後輩C。

そう。
俺らのチーム以外、全員20代だった!

官九郎君の事をすげー若いって思ってたけど、ここだとおっさんのカテゴリーに入る。
それくらいみんな若かった。

さあ、自己紹介。
たかしって言わないように気をつけなきゃ。
 
 
○○です。
(よし本名で言ったぞ。)

東京から来ました。
(お!皆笑顔で聞いてくれてる。)

43歳のイノシシ年です!
(あれ?前の女性、笑顔が消えた。)

えーと、訳あってバツイチっす!
(おいおい、目を伏せるなよ。こっちを見ろ!)

猪突猛進でイロイロ頑張ります!
(おーい、ザワザワするな!)
 
 
事故ったか。
俺、盛大に事故ったか。
 
 
「あのー、その黒さはサーフィンとかやってるんですか?」

なんと女性から質問がきた!

「やってないっす。丘サーファーっす。」

「・・・。」
 
 
質問しておいて、隣の人に助けを求めるなー!
 
 
死んだよ。
俺、死んだよ。
パトラッシュ。
 
 
***
 
 
そしてシューズ写真。
 
 

 
 
このシューズ写真。
知らない人も多くて、感動してくれてた。

最後に全員で手を重ねて、掛け声を。

「頑張ろう!エイ・エイ・オー!」
 
 
さあ、いよいよスタートだ!
 
 
つづく。
 
 
 
よろしければ、ポチっと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告