早出で皇居を先に1周して、皆を驚かす。
 
 
そのミッションは中途半端に終わった。

ミッション:インポッシブルだ。

みっちょん:芳本美代子だ。
 
 
***
 
 
キクチさんを除く参加者で、シューズ写真を撮って本編スタート。
ユキねえさんは、着替えるためランステへ。

1周目は皆でゆっくりと。

この時、気づいた。
先に1周走っておくと、気持ちに余裕があるって事に。

以前けいすさんが、早出で先に1周走ってから参加した事があった。
なんしか、その時のけいすさんは得体の知れない自信に満ち溢れているように見えた。

なるほど。
早出は心の余裕を生むってことか。

だからと言って、次も早出するかというとそんな事はない。
それが、ぼっち練クォリティー。
いや、俺のクォリティー。
 
 
そうそう。
けいすさんの事。

2回連続、ぼっち練に姿を見せず。
娘さんのプールよりも優先して参加していたのに。
三度の飯よりぼっち練が好きだと思っていたのに。

ぼっち練に参加しなかったら、ブログも書かなくなってしまう。
これは由々しき事態だ。

ぼっち練に飽きた?
俺の事、嫌いになった?
家庭内で、ぼっち練禁止令が出た?

色々な事が頭を渦巻いた。

で、ぼっち練が終わった後にツイッターでメッセジーを送ってみた。
 
 

 
 
寝坊かい!

俺が早出で、頑張ってるのにー。

まあとにかく、次回は来てくれそうなのでひと安心。
 
 
***
 
 
1周目の終わりかけ。
キクチさんの話しになった。

「キクチさんは、LSDの時はノンストップで走るんですよー。」

俺はブログで仕入れた、キクチ豆知識を披露した。
他人は認めないかもしれないが、自分では認めているほどのキクチマニアだ。

「本当ですか!?」

ミノルさんの予想外の食い付きに、若干戸惑った。
 
 
1周目が終わって、さあ給水。

と思いきや、

「俺はこのまま行きます!」

とミノルさん。
つられて、他の人もノー給水で2周目へ。

なるほど。
あの食い付きは、そういう事だったのね。

もちろん、俺は給水。
motoさんも給水。

ベンチに腰を下ろしたら、

「大将座っちゃうの~。」

とmotoさん。

板橋シティマラソンの40キロ地点といい、俺はイスを見ると座りたくなるようだ。

motoさんは給水を終え、すぐに走り出した。

ふぅ。
やれやれ。

完全にリラックスモードで休んでいると、隣に見知らぬ女性が!
 
 
と思ったら、ユキねえさんだった。

ウェアを着てたから、一瞬誰だかわからなかった。

まーがれっとさんを待って一緒に走るそうなので、俺もストーキングする事にした。

まーがれっとさんが到着して、3人で2周目へ。
2人の女性の背後にピッタリついて走った。

我ながら、ナイスストーキングぶり。
 
 
あと1回、続きます。
 
 
 
よろしければ、ポチっと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告