昨日のブログでけいすさんの事を書いた。

すると、早速けいすさんからリアクションがあった。

「次のぼっち練はエア道マラですか?」

と。

漲ってる!
漲ってるぅ!
けいすさんのやる気が!

そんな、やる気茶屋のけいすさん。

俺は、

「はい、よろこんで!」

って応えるしかないっしょ。
 
 
さらにさらに。

まーがれっとさんからは、

「シドニーマラソンの3週間前に、ぼっち練で30キロ走やりましょうよ。」

ってリクエストを頂いた。

シドニーマラソンは9月20日。
3週間前ってことは、8月30日。

8月30日は北海道マラソンの日。

もうこれは、やっるきゃナイトでしょ。

8月30日(日)
『ぼっち練特別企画 エア・道マラ30K』

道マラには知っている人が多数出場するので、エア応援を兼ねて。

motoさんとか、ムネコフさんとか、チャオズさんなんかは、ぼっち練ゼッケンを着けて走ってくれるかもしれない。
 
 
***
 
 
道マラのスタートは9時。
ランナーズアップデートで応援もしたいので、こんな感じはどうでしょうか。

7時:皇居キヨマロスタート。

キロ6で30キロ。

10時:終了。

11時:ルービー飲みながら、応援。

13時:流れ解散。
 
 
ええ、わかってます。わかってます。
穴だらけのプランだって事は。

【穴1】7時にキヨマロに行けんのか

これは頑張って起きるしかない。
最悪、キヨマロで野宿して前泊する。

【穴2】30キロ走れるのか

今のところ、たまさんも参加してくれそうな気配。
俺とけいすさんがダメでも、たまさんが何とかしてくれるはず。
最悪、俺⇒けいすさん⇒たまさんで10キロずつタスキを繋ぐ。

【穴3】11時からルービー飲めるところがあるのか

日曜日の神田周辺は、ほとんどのお店がやっていない。
最悪、24時間営業の日高屋で、なんちゃって生ビールを飲む。
半生のから揚げを食べて、エアmotoさんの気分を味わうもよし。
 
 
 
グダグダ感満載ですが、距離稼ぎたい人、道マラを応援したい人、一緒にどうでしょうか?
もちろん、30キロ走らないで途中参戦もOKです!
 
 
***
 
 
では、ぼっち練の続き。

本編2周目は、まーがれっとさんとユキねえさんの後をストーキングして走った。
最後の300メートル位で、2人の前に出た。
さも俺がペーサーを務めたようなていで、キヨマロ帰還。

すると、先に到着して給水していたたまさんが、

「大将!ペーサーやるなんて、さすが!」

と言ってくれた。

俺はWピース(ビジネス)で、それに応えた。
 
 
3周目はたまさん、いわさん、ニッキーさんと一緒に。

それほど速いペースでは無かったが、何故か胸苦しさを感じた。

真夏なのに、流れてくる冷や汗。
まるで怪談でも聞いているような感覚だった。

やだなぁ~。
怖いなぁ~。
 
 
なんでだろう。

と思っていたら、気づいた。

前にいわさん、右にたまさん、後ろにニッキーさん。
左はお濠で、俺は逃げ場が無かった。

そう。
知らず知らずのうちに、あの地獄のフォーメーションが組まれていたのだ。

蘇る悪夢。
どうやらフラッシュバックで胸が苦しくなったようだ。

ムネがクルシイ・・・

でも。
この日俺を取り囲んだ悪魔たちはとても優しくて、終始走りやすいペースだった。
 
 
***
 
 
俺は3周で終了。
早出の1周と合わせて4周。

たまさん、いわさん、ニッキーさんはさらにもう1周行った。
あらたに、ミノルさんを加えて。

どんなフォーメーションが組まれていたのかは、わからない。
しかし、再びキヨマロに戻ってきた時はバラバラだった。

ニッキーさん、いわさん、たまさんの順番に戻ってきた。

皆、息も絶え絶え。

申し合わせたように

「ハァハァ。ミノルさんがー。ミノルさんがー。ハァハァ。」

と言うのみ。

どうやら、ミノルさんが大技を仕掛けたらしい。
一発勝負の出オチにも似た大技。

仕掛けた本人は、悠然とスロージョグで帰還した。
 
 
まるで、

最初から最後までぼっちでしたけど。

と言わんばかりに。
 
 
やっぱり皇居には沢山の魔物が棲んでいる。
 
 
そんな事を思ったのでした。
 
 
 
おひとつポチっと!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告