●走り終わったあとの事

池袋ではたまさんが出迎えてくれた。
前日池袋で見送ってくれ、約7時間後に再会。

たまさんも一緒に走ってたんじゃないかと、錯覚した。
実は俺がリュックに背負っていたのは、たまさんかもしれない。

駅でたまさん、まきこさん、後輩Bと別れた。
残ったメンバーで、早朝も営業しているスパへ。

シャワーで汗を流し、湯船に浸かる。
生き返った。
ソファーで少し仮眠を取り、アフターへ。

最初は近くにあったデニーズに入ったが、朝はアルコールの提供ができないとの事。
お冷を出された状態だったが、注文せずに店を出た。

北口に移動し、安定の磯丸水産へ。
ここは、6月に『ヌルヌルデスマッチ』を行った後に来た店だ。
大事な決戦の後は、磯丸水産が定番になりつつある。

朝の9時前だというのに、店内はまるで夕方のような混み具合。
この人たちは朝から飲んでいるのか、それともまだ夜が続いているのか。

沢山飲んで、食べた。
そして10時過ぎに解散。

スタートしてからほぼ12時間。

長い長い1日が、こうして終わった。
 
 
***
 
 
●MVDとBDの発表

お気に入りの登録が最も多かったダジャレに贈る、最優秀ダジャレ(MVD)の発表。

MVDは、これ!

手前味噌でほんとすんません!

そして。
最高のパフォーマンスを披露してくれた人に贈られる、ベストダジャレ二スト(BD)。

栄えあるBDは、ムネコフさん!
オー、イエイ!

ダジャレの部の参加者2名による熾烈な争いは、タイトルを山分けという無難な終わり方!

後日、池袋のゴーゴーカレーで表彰式を行いたいと思います。(本人、未了承)
 
 
***
 
 
●原点はボキャブラ天国

学生時代に観ていた番組『ボキャブラ天国』が好きだった。
ボキャブるなんて言葉も流行った。
単なる言葉遊びなのだが、シチュエーションや間合いなどで一つのお笑いとなっていた。

こんなマトリックス(ボキャブラ・マトリックス)も用意されていた。


 
 
バカパク、バカシブ、インパク知、シブ知。

タモリは、楽しそうに仕分けをしていた。

ほんと、下らない。
でも、嫌いじゃない。
むしろ、大好きだ。

タモリ倶楽部なんかもそうなんだけど、この人は下らない事を真剣に楽しんでいる。
そういうのって、いいなと思う。

山手線一周ダジャレジョグは、20年前に観たボキャブラ天国が原点になっているのかもしれない。
 
 
***
 
 
●次回はあるのか

この歳になると、やっぱりオールはしんどい。
ブログネタとしての鮮度も、今がギリギリか。

それに。
何よりも、ダジャレが出尽くした感がある。

『三人寄れば文殊の知恵』なんて言われる。
1人ではいいアイディアが思い浮かばないが、3人で出し合えばいいのが出てくるはず。

しかしだ。

今回の有楽町。
3人どころか4人が出した文殊の知恵が全員、『YOU楽勝!』。

もう、全然楽勝じゃないから。
苦境に立ってますから。

そんなこんなで、今回で潮時かなぁなんて事も考えた。
 
 
でも、あと1回だけやりたい。
プリーズ!ワンモア・タイム。

次回は関東だけじゃなく、各地に散らばるダジャレ二ストを集めて『チャンピオン大会』にしたい。
山梨とか、浜松とか、大阪とか、福岡などのダジャレ王に参加してもらいたいなぁ。

開催は、来年のGW頃を予定。
 
 
***
 
 
●最後に

電車があるのに、わざわざ山手線を走る必要はない。
走るにしても、夜中にわざわざ走る必要はない。
よしんば、夜中に山手線一周走るにしても、各駅でダジャレをきめる必要は全くない。

オールナイトダジャレ山手線一周ジョグは、まさに無駄だらけ。
無駄以外何もない。

ラブホ街やぼったくり現場を通り抜ける。
景色も楽しめない。
明るく楽しいとは対極にある、アングラなマラニック。

それでも。
やってる事は下らないが、真剣に楽しんだつもりだ。
 
 
健全で真面目な、マラソンカテ。
中には、こういうふざけたのがあってもいいよね。
 
 
なんて勝手に思ってるのでした。
 
 
 

 
 
 
おしまい。
 
 
 
よろしければ、おひとつポチッと。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告