筋肉痛は昨日より和らいできた。

それよりヤバいのが、食欲。
今なら、二郎もペロリといけちゃいそう。

そんな明日は、11月26日。
『いい二郎』の日ですね!
 
 
では、今日もつくばの振り返り。
 
 
***
 
 
【スタート前】

スタート40分前。
トイレ(小)に並んだ。
同じEブロックスタートのいわさん、けいすさんと。

沢山のトイレがあったが、どれも15人位並んでいた。
横一列に3人で並んで、トイレ競争。

小なのでどの列もサクサク進むが、少しずつ差が。
結果は、いわさん、けいすさん、俺の順。

『自分の並んだ所が一番遅い。』

ふむふむ。
これがマーフィーの法則じゃな。
なんて事を思いながら、スタート場所へ。

Eブロックには、いわさん、けいすさん、keiさん、DEGさん、カミさんと待機。

談笑しているうちに、スタートの号砲。
 
 
行ってきまーす!
 
 
***
 
 
【5キロまで】

ロスはちょうど3分。

同じくらいの規模の板橋とか、かすみがうら。
俺レベルだとロスは10分以上。

それが3分なんだから、嬉しい。
ウェーブスタートのお陰だ。

だが、スタート後の混雑は中々解消されなかった。
それでもスルスルと走り抜けていく、カミさん。
あっという間に姿が見えなくなった。

俺はいわさんと並走。
渋滞が解消されるまでは、無理に抜かず抑えていく事に。

渋滞が解消されて走りやすくなったのは、3キロ過ぎてから。
ペースを上げて、キロ5に乗せた。

5キロ前で最初の給水所。
手前は混雑するので、奥の方で取る事に。

ところがこの給水所。
かなり短かった!

敢え無く給水失敗。

最初の給水所、短くなかったですか?
 
 
ラップは27分6秒。
 
 
***
 
 
【10キロまで】

キロ5よりちょい早ペースで巡航。

知り合いを見つけて、声をかける余裕があった。
いわさんとも話ができるほどだった。

「このまま最後まで行っちゃいましょう。」

いわさんに言われた。

「いやいや、とりあえずハーフまで。」

俺は答えた。

とは言いつつも、

『最後まで行っちゃうかも。』

心の中ではそう思っていた。

この時は。
 
 
ラップは24分46秒。
 
 
***
 
 
【15キロまで】
 
 
引き続き、キロ5よりちょい早ペースで巡航。

悪くない。
心肺も脚もまだ大丈夫。

腰は・・・。

大丈夫。
気にならない。

この辺で、マルさんに声をかけた。

「いけー!」

マルさんが背後で叫んでくれた。

「マルさん、ありがとう!ゴールで会いましょう!」

俺は背中で答えながら、先を目指した。
 
 
ふっ。
ゴールで会いましょう・・・か。

それがまさか、あんな所で再会するなんて・・・。
 
 
ラップは24分43秒。
 
 
***
 
 
【20キロまで】

引き続き、キロ5よりちょい早ペースで巡航。

悪くない。
心肺も脚もまだ大丈夫。

腰は・・・。

大丈夫。
気にならない。

この辺で、FIREさんに声をかけた。

「ファイト!」

FIREさんが背後で叫んでくれた。

「FIREさん、ありがとう!ゴールで会いましょう!」

俺は背中で答えながら、先を目指した。
 
 
ふっ。
ゴールで会いましょう・・・か。

それがまさか、あんな所で再会するなんて・・・。

20キロ手前で、いわさんがトイレへ。
俺もちょうど行きたかったので、ツレション。
 
 
ラップは26分1秒。
 
 
***
 
 
【25キロまで】

ハーフを通過。
1時間48分5秒。

キロ5はまだイジイジ。

悪くない。
心肺も脚もまだ大丈夫。

腰は・・・。

ん!?
何だかちょっと違和感。

気のせいであって欲しい。
 
 
しかし。
キロ5の走りは、着実に俺の体を蝕んでいた。
 
 
最初は微々たるものだった。

だが、次第にその攻撃は勢いを増した。
 
 
あた。

あたた。

あたたた。

あたたたた。
 
 
 
あたたたたたたたたたたっーーーー!
 
 

 
 
北斗キロ5拳の波状攻撃。

俺はディフェンスできなかった。
ただただ、その攻撃を正面から受け止めるのみ。
 
 
 
そして。
25キロ。
 
 
激しかった攻撃が突如止んだ。

訪れる静寂。

俺は勝利したのか。

あの攻撃に耐えたのか。
 
 
 
その刹那。

奴は静かに口を開いた。
 
 
 

 
 
 
ラップは25分42秒。
 
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!
北斗キロ5拳で見事に秘孔を突かれました。
ここから先は『あべし!』『ひでぶ!』の様相を呈します。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

現在のランキング

広告