今日も朝ランしました。

 
 
途中雨が降ってきたので、首都高のガード下をぐるぐる。

 
 
雨の日は意外といいかも。

飽きるけど。
 
 
***
 
 
不定期でお送りしている『俺がカレーについて熱く語る』のコーナーです。

そんなコーナーあるのかって?

あるんですよ!
 
 
今回は第4弾です。

過去のカレー記事はこちらからどうぞ。

第1弾『ゴーゴーカレー』

第2弾『カレーは飲み物。』

第3弾『もうやんカレー』
 
 
そして。
今日熱く語りたいのは、こちら。
 
 

池袋にある、『火星カレー』。
 
 
火星カレーを語る前に、言っておきたい事がある。

俺より先に寝てはいけない
俺より後に起きてもいけない
めしはうまく作れ
いつもきれいでいろ
出来る範囲でかまわないから

って、そうじゃなくて。
 
 
ご存知の通り、

俺は仮性人だ。
 
 
wpid-dsc_4579.jpg 
12675_1
 
 
仮性人が、火星カレー食ったらいけませんか?
共食いですか?

海は死にますか
山は死にますか
風はどうですか
空もそうですか

おしえてください
 
 
って、そうじゃなくて。

今日は、さだまさしな気分だなぁ。
 
 
***
  
 
お店は地下にある。
階段を降りて行く。
 
 

 
 
なかなか、怪しい雰囲気。
嫌いじゃない。

店内はカウンターとテーブル席が3つくらい。
15人くらいでいっぱいになる。
店内はほぼ満席。

入口で食券を買う。
 
 

 
 
他のカレー屋さんと同じシステムだ。

俺が選んだメニューは・・・。
 
 

 
 
カンガルーカレー。
ベースとなる火星カレーに、カンガルー肉のブレゼ(白ワイン煮)がトッピングされているらしい。

無難に鶏か豚にしようかと思ったが、ブログネタ的にはカンガルーか。
迷った末の選択。
 
 
店員の女性に食券を渡すと、カウンターに案内された。

「ライスの量と、辛さを選べますが。」

店員さんにそう言われ、中盛、辛口を告げた。

「カンガルー、ライス中、辛口。」

店員さんは、大きな声で厨房の男性に伝えた。

カンガルーと言った瞬間。
左隣に座っていたおじさんが、俺の顔を二度見した。

やべぇ。
カンガルーはNGワードだったのか。
ちょっと後悔し始めた。

しばらくして、左隣のおじさんのカレーが運ばれたきた。

チキンカレーだった。
うまそうだった。

チキンにすべきだったか・・・
後悔の念は、どんどん大きくなっていった。
 
 
***
 
 
「カンガルーです!」

俺のカンガルーカレーが運ばれてきた。
 
 

 
 
上にのっているのが、カンガルー肉のブレゼのようだ。
少し黒ずんでる気がするが、ワインで煮込んでるからだろうか。
 
 

 
 
隣のおじさんがチラチラ見ている。

おじさん、ひょっとしたら本当はこれを食ってみたいのか。
でも、無難なチキンにしちまったって事か。

ヌハハハハハ!
おじさん、チキンよの~。
チキンカレーだけにね。

さっきまで後悔していたが、何だか急に誇らしい気分になってきた。

おじさんのチラ見を感じながら、一口食べた。

おじさんはチラ見を止めていた。
 
 
凝視。
 
 
カンガルーカレーなんて、ゲテモノ料理かと思っていたら全然そんな事なかった。

肉はまったく臭みがなく、非常に柔らかい。
味は淡白。

まあ、アリだと思う。

何よりもカレーそのものが、スパイシーでフルーティー。
美味しく頂いた。
 
 
凝視していたおじさんも、俺の反応が普通だったのでその後はチラ見しなくなった。

火星カレー。

仮性の人にもおすすめです!
 
 
***
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます!
明日はプレ板橋30K!
ゆうさんとマンションのローンの話で盛り上がりたい!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告