まずはリマインダーです。

明日は『ぼっち練&ゴリさん激励会』です!

ぼっち練は9時から。

キヨマロがまだ工事中のようなので、9時に神田ラフィネ集合でお願いします。

アフターは東京駅のビモンで肉祭り。

アフターから参加予定の方は、12時30分までに神田ラフィネに来て下さい。
東京駅でゴリさんを出迎えてから、行こうと思います。

よろしくお願いします!
 
 
***
 
 
俺の名前は、案十二夫。

アンジュウフタオじゃねぇ。
アン・トニオだ。

昔は、プロのレスラーとして一世を風靡した。

が、今は都内で立ち食いそば屋を営みながら、ひっそりと暮らしている。

過去の栄光?
そんなものは、かつお出汁と一緒に煮込んじまったさ。
 
 
***
 
 
近くに大きな病院がある。
忙しい病院関係者は、よくこの店を利用してくれる。

病院の名前は、東京マーラソン病院。

患者からの評判はいいらしいが、内部はかなりドロドロしているようだ。

聞きたくも無い話しが、耳に入ってくる。

ちょうど1年前。
病院では熾烈な院長選が行なわれた。
まさに血で血を洗う争いだったらしい。

激戦の末、院長になったのが東条真良雄。

東条はこの店の常連だった。
白衣だけじゃなく、顔まで真っ白な男だった。

一方破れたのが、星黄色。
全身黄色の男だった。

東条が院長になって、病院は落ち着きを取り戻したかに見えた。

週3回は通っていた東条が、夏くらいから全く姿を見せなくなった。
院長になって、あいつも変わっちまったか。

ところが、つい先日。
そばを食べていた女性看護師の会話を聞いてしまった。

「最近の院長、やたら白衣が肌に密着してるわよね。あれじゃ全身タイツよ。」

「ほんとー、目のやり場に困っちゃう。」
 
 
俺はピンときたね。
 
 
これは何か恐ろしい事が起きようとしている!
 
 
長年培ってきた、レスラーのカンってやつだろうか。
 
 
***
 
 
昨日。

俺は出前を装って病院へ乗り込み、院長室に忍び込んだ。
 
 
中にはピチピチの白衣に身を包んだ、東条がいた。
 
 
んんん!

あれは、東条じゃねぇ!
 
 

 
 
髪を伸ばして誤魔化したつもりだろうが、俺はだまされねぇ!
 
 
間違いない。
あいつは全身タイツマニアの星だ!

星が東条になりすまして、院長になっていたのだ。

あいつの事だ。
きっと病院の全職員に、全身タイツ着用を義務付けるはず。

そうはさせるか!
 
 
とっとっと。
いかんいかん、今回は偵察だけだ。

院長室を後にして、帰ることにした。

その時。
奥に怪しい部屋を見つけた。

『トレーニングルーム』と書いてあった。

患者のリハビリでも行なっているのだろうか。

恐る恐る、中を覗いてみた。
 
 
***
 
 
中では衝撃の光景が!

なんとそこでは、女戦士がトレーニングをしていた。
  
 
こんな戦士や。
 
 

 
 
こんな戦士が。
 
 

 
 
 
こ、これはまさか。

噂には聞いた事があったが、アマゾネス養成所が本当にあったなんて。
 
 
星はこのアマゾネス軍団を率いて、政界に進出するに違いない。

そして、全身タイツ化政策を推し進めるはずだ。

これは絶対に阻止しないといけない。

そして、何よりも東条真良雄の敵を取らなければ!
 
 
そう。
弟の敵を!!
 
 
はっ。

やばい、見つかった!
 
 
ん?
んん?

この攻撃は?
 
 
 
image
 
 
 
 
戦闘力低下!

戦闘力低下!
 
 
しまったー!

ハニートラップだったかー!
 
 
それにしても、盛り過ぎじゃないのか!
 
 
***
 
 
命辛々逃げきった。

しかし、俺の存在がバレてしまった。

星は近々総攻撃を仕掛けてくるに違いない。
 
 
だが、俺は逃げない。

星が率いるアマゾネス軍団。

受けて立つぜ!
 
 
 

 
 
 
こっちには、秘密兵器がいるし!
 
 
image

image

 
 
 
***
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます!
何だかひとりで盛り上がって、お恥ずかしい限り。
でもこういうの、書いててめっちゃ楽しいー!



にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告