先日の収容車の記事に、こんなコメントを頂きました。

関門で回収された方は参加賞(記録証やTシャツ等)は貰えるのでしょうか?貴重な記事なのでその後の展開も知りたいです。

なるほどー。

こんな記事でも需要があるんですね。

ありがとうございます!

収容後の話をもう少し詳しく書いてみようと思います。

収容車に乗る前に、係員の方にゼッケン番号と名前を控えられます。

収容バスは満員で、立っている人もいました。

バスは何台かあるので待てば座って乗れると思いますが、雨の中外で待つ事になります。

濡れてもいいから待って座るか、立ってもいいから一刻も早くバスに乗るか。

悩ましいところですね。

乗車時間は20分くらいだったと思います。

ゴール地点にバスが到着すると、バスを降ります。(当たり前ですが)

乗るときは皆さん結構辛そうな感じなんですが、降りる時は心なしか軽やかでしたね。

ハム太郎も乗るときは苦悶の様子でしたが、降りる時はスタスタと歩いてました。

計測チップの返却場所は、完走者とは別の場所が用意されてました。

チップを返却とすると参加賞のTシャツなどをもらえました。

記録証はもらえません。

あと、完走者はリゲインとかバナナをもらえたようですが、それももらえませんでした。

その後はゴールの辺りをウロウロしながら、陣地に戻りました。

陣地への帰還は一番乗りでした。

大体こんな感じになります。
 
 
そういえば。

車中大声で話していたおばちゃん2人のうちの1人が、こんな事を言ってました。
 
 
「東京マラソンが始まる前までは良かった。マラソン大会なんて本当に走りたい人だけが集まっていた。」
 
 
なんとなく、耳の痛いお話でした。
 
 
***
 
 
話は変わりまして。

ここ最近何故かブログのアクセスが増えてきまして、当初予定より早めのブログ村卒業となりそうです。

いよいよ追い出しにかかってきた感じでしょうか。

冗談ですけど。

オールナイトダジャレ山手線一周ジョグを行なう、5月20日頃卒業かなぁと思ってました。

が、このペースだとあと2週間くらいで卒業となりそうです。

卒業する日に、ちょっとしたお願いがあります。

ぼっち練ゼッケンを持っている方は、ブログにぼっち練ゼッケンを載せて頂けたらなぁと。

内容はぼっち練と全然関係なくて構いません。

ほら、よく弔意を示すために半旗を掲げたりするじゃないですか。

あんな感じで。

まあ、俺は死ぬわけじゃないですけど。

ブログ村の新着記事画像に、ぼっち練ゼッケンがいっぱい並んだら面白いなぁと思いましてね。
 
 
映画『幸福の黄色いハンカチ』みたいに。
 
 

 
 
それを見て、俺感動みたいな。
 
 

 
 
***
 
 
こういうのは、本人の知らないところで計画されてサプライズってのがいいかと思います。

でも、『今日は何かあるかも』なんてソワソワしながら一日過ごして、結局何も無かった。

これって意外と切ないじゃないですか。

学生時代のバレンタインデーみたいで。

なので図々しくも自分で企画してみました(笑)

題して。
 
 
『卒業の日には、ぼっち練ゼッケンを掲げよう!』
 
 
オフィシャルゼッケンを持ってない方は、オリジナルゼッケンでも構いません。
 
 
あっ、全然強制とかじゃありませんので。
 
 
ただねぇ。

あのぼっち練ゼッケン、それなりにお金かかってるんですよねぇ。
 
 
ほんと、強制じゃないですから!
 
 
***
 
 
今日も読んでいただき、ありがとうございます!
ブログ村をこんな事に使うなんて。
不快に思う方もいるかもしれませんが、最後なんで大目に見てください!


にほんブログ村

広告