山手線恥走レポの続き。
 
 
皇居に寄り道したのち、有楽町へ(0:19到着)。

神田から大崎まで、駅前に怪しいホテルがない。

行政で規制されているのか、需要が無いのか。

同じ山手線なのに、鶯谷とのギャップが激しい。

おもてなしは、こちら。
 
 

 
 
ザ・ペニンシュラ東京。

実際にここでおもてなししろって言われたら、困っちゃうけど。

見るだけー。
 
 
***
 
 
次は新橋(0:28到着)。

新橋は前回のダジャレ山手線一周の時、ぼったくりに遭ったと思われる人が叫んでいた。

そんな事もあって怖いイメージがあったが、今回も怪しい人が路上にたむろしてた。

やっぱ怖い。

おもてなしは、こちら。
 
 

 
 
第一オテル東京。

Hのネオンが消えている。

これは、YES・NO枕的なサインなのか。

思わず流行りのフレーズを口ずさみたくなる。
 
 
今日はダメよ~、ダメダメ。
 
 
***
 
 
次は浜松町(0:51到着)。

この辺りはオフィス街で、夜は人が少ない。

おもてなしポイントを探すのも大変。

やっとみつけたのが、これ。
 
 

  
 
三交インホテル。

あまり聞いた事がないホテルチェーンだが、2014年にできたようだ。

ごく普通のビジネスホテルっぽい。
 
 
***
 
 
次は田町(1:03到着)。

この辺りもオフィス街。

道は広くて走りやすいが、刺激が少ない。

ここもあまりおもてなしポイントがない。
 
 

 
 
アパホテル。

山手線沿いに多数ある。
 
 
***
 
 
次は品川(1:17到着)。

終電を逃したグループが、交番に助けを求めていた。

この人たちは知らない。

『走っていれば夜が明けることを』

品川は駅前に多くのホテルがある。

しかし、おもてなしはこれ。
 
 

 
 
エニタイム・フィットネス。

山手線を走っている最中に、あえてトレミで走る。

こんな時間にトレミで走っている人もいた。

まあ、山手線を一周してるのもどうかと思うが。
 
 
***
 
 
品川から大崎間は、山手線沿いに進むのが難しい。

毎回迷って、一発で行けたためしがない。

今回も迷った(1:56到着)。

なんと30分かかってる!

疲れも眠気もピークなのに、道に迷われたら正直イラっとくるはず。

おまけに、おもてなしポイントはこれ。
 
 

 
 
適当に見つけた、大崎の気温。

大崎は一番の鬼門になりそうだ。

おまけに誰もいない交差点で信号無視をして横断したら、なんと警官が見てた。

「ひかれますよー!」

と警官に注意された。

いやいや、車どころか人っ子一人 いないのに。

そんなところにいた警官に、俺の方がひくちゅーねん!
 
 
やっぱ、大崎は鬼門。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!
お気づきかもしれませんが、楽しいのは東京駅くらいまで。
その先は、飽きと疲れと眠気との戦い!

広告