金曜日の22時に池袋を出発し、再び池袋に戻ってきたのが翌土曜日の朝5時半。
約7時間半かけて、山手線を1周してきたことになる。

とかく現代は、スピードや効率が求められる。
より早く、より無駄を省いて。

山手線は電車で1周すると、大体1時間。
7倍以上の時間をかけて1周することに価値はあるのか。

無駄、無意味、無秩序。

時代に逆行する遊び。

それが、オールナイトダジャレ山手線一周ジョグなんである。
 
 
***
 
 
山手線には29駅ある。

ダジャレに向いてる駅と、そうでない駅がある。

個人的に一番向いてると思う駅は、高田馬場。

逆に難しい駅は、池袋。

ダジャレ山手線一周ジョグでポイントなるのは、力を入れる駅と手を抜く駅のさじ加減。

俺の場合、MOST VALUABLE DAJARE(MVD)を狙って勝負する駅は2~3駅。

後は捨て駒ならぬ、捨て駅だ。

ただ。

今回、捨て駅の手を抜き過ぎてしまった。

駅名の写真のみ。
 
 

 
 
ツイッターで見ている人に、失礼な事をしてしまった。

反省。
 
 
***
 
 
程度の差はあれど、ムネコフさんもそうなんじゃないだろうか。

MVDを取った上野駅。

恐らくここはムネコフさんにとって、勝負駅だったに違いない。
 
 

 
 
現場にいる人のみならず、ツイッターで見ている人にも思いが伝わったはず。

構図とポーズとダジャレが一体となって、見事に決まった。

まさに渾身の作。

しかしだ。

ダジャレに関しては、俺とそう変わらない気もするけどね。
 
 

 
 
それにしても、たったの2票って。
 
 
***
 
 
1時から4時くらいは、魔の時間帯。

疲れも、眠気もピーク。
ダジャレを呟いてもほとんど無反応。

経験者である俺やムネコフさんは知っているので、ここは適当にやり過ごす。

手抜きの時間帯だ。

しかし。
そんな事はシリ得ない、大阪から初参戦のこの男は違った。
 
 

 
 
夜中の1時過ぎに何やっとんねん!
血気盛んな若者がたくさんいる新橋で。

しかも、ダジャレじゃないし。

この男、やる事がシリ滅裂。

まったく、置いてきた奥さん新橋て(心配して)るで。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂き、ありがとうございます。

そんなごえもんさんですが、奥さんとはとても仲良しです。
お二人には、愛のケツ賞(結晶)差し上げます!

広告