道マーラーが、いよいよ近付いてきた。

待ったなしでやばい状況。

このままだと、マーラーの交響曲第6番くらい『悲劇的』な結果になりそうだ。

まあ。

お察しの通り、マーラーの交響曲第6番なんて聞いたことないけどね!

危機を感じて、7月に入ってから平日も走るようにしてる。

しかーし。

暑くて全然思うように走れない。

暑いだけならともかく、湿度がハンパない。

真夏のフルマラソンなんて、無謀だったかしら。

なんて今さらながら、ビビッてます。
 
 
***
 
 
夏は走るモチベーションが上がらないけど、夏は嫌いじゃない。

むしろ好きだ。

学生の頃、レゲエが流行ったことがある。

当然、俺もレゲエにかぶれた。

「夏はやっぱレゲエだよね!」

なんてムシムシする部屋の中で、汗だくになりながらレゲエを聞いた。

ジャパン・スプラッシュって呼ばれるレゲエの野外フェスみたいなのにも、何回か行った。

で。

レゲエといえば、やっぱりレゲエの神様ボブ・マーリー。
 
 

 
 
ドレッド・ヘアに憧れて見事におばちゃんパーマになったり、

「ちょっとくらいイイジャマイカ!」

なんて、コンパで親父ギャグを炸裂したりしていた。
 
 
***
 
 
道マラ。

四角い仁鶴がまぁ~るくおさめまっせぇ~。

とはいかなそうだ。
 
 
焦ってもしょうがないので、のんびりいきますか。
 
 

広告