最近何かと話題の電通です。

その昔。

電通とは、電車通勤をしている会社の総称だと思ってました。

他にも、車通とか、徒歩通とか、自転通とかあるかと。

いやぁ、無知って怖いですね。

ところで。

電通といえば社員の行動規範とも言える『鬼十則』ってのが有名ですよね。
 
 

 
 
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。
 
 
いやはや、意識高杉晋作です。。

頭が下がります。

こんな会社では、間違いなく俺はやっていけません。

って、入社することすらできませんけどね。

電通マン、恐ロシア。
 
 

 
 
そんな電通ですが、実は『裏十則』というのもあるようです。
 
 
1.仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。

2.仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。

3.大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。

4.難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。

5.取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。

6.周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。

7.計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。

8.自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。

9.頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。

10.摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。
 
 
これこれ!

俺みたいな平々凡々なサラリーマンの行動規範は、まさにこれですね。
 
 
***
 
 
さて。

みなさん自分の中で『マラソン鬼十則』を定めて、日々取り組んでいるかと思います。

心の中に留めておくべきものなので、ブログ等であまりお目にかかれません。

今日はそんなタブーを破って、俺のマラソン鬼十則を紹介します。
 
 
1.ペースは自ら創るべきで、つられるべきでない。

2.混雑していても抜こう抜こうと働きかけていくな。疲れるだけだ。

3. 楽しむ事を忘れるな。楽しめない大会は寿命を縮めるだけだ。

4. 記録ばかりを狙うな。記録なんて所詮自己満足の世界。

5.水を取ったらすぐ飲め。ぬるくてまずくても飲め、脱水になる前に…。

6.過去の記録を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか臆病者になる。

7.野望を持つな。できもしない野望を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。

8.言い訳をするな。言い訳をするから俺の走りは煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。

9.足は常に全回転。周りに気を配って、一分の驕りもあってはならぬ。市民マラソンとはそのようなものだ。

10.空腹を恐れよ。空腹は失速の母、減速の肥料だ。でないと俺は完走前にびっくりドンキーにいく。
 
 
いかがでしたか?

異論・反論あるかと思いますが、あくまでも俺の十則なんで。
 
 
まあ、何が言いたいかというと。
 
 
仕事も趣味も大事ですが。

それで命を落とすなんて・・・。
 
 
 

 
 
 
冗談じゃないよ。
 
 
って事です。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

大切なのは、

ワーク・ライフ・バランス。
マラソン・ライフ・バランス。

ですよね。

バナー復活しました。
よろしければおひとつ!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告