ある朝、たかしは不安な夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した。
 
 

 
 
カフカの『変身』って読んだ事ありますでしょうか?

虫になりたいかどうかは別として、人間誰しも変身願望ってあるではないでしょうか。

社会的に立派な地位にある人が、実は女装が趣味だった。

なんてよく聞く話ですよね。

自分はどうでしょうか。

女装の趣味は無いですが、変身願望は強い方だと思います。

小さいときは仮面ライダーやウルトラマンに変身したかったです。

変身願望を満たす手っ取り早い方法は、仮装だと思います。

女性になりたい!

と思っても、体を改造したりホルモン注射を打ったりするのは抵抗ありますし莫大な費用もかかります。

となると、やっぱり女装って事になると思います。

女装の趣味は無いって書きましたが、今年のフロストバイトでやったマージはお気に入りでした。
 
 

 
 
風船をつめてブラをした時。
 
 

 
 
おっぱいを揉まれた時。

なんとも言えない気持ち良さでした。
 
 
***
 
 
ハロウィンやコミケの台頭で、今でこそ仮装やコスプレは市民権を得ています。

でも子供の頃は、公に仮装をできる機会はなかったように思います。

そんな中あるテレビ番組が、目にとまりました。

それが全日本仮装大賞でした。

今は欽ちゃんと香取慎吾が司会をやってますが、当時は欽ちゃんだけでした。

馬鹿らしいのもあれば、感動するストーリー仕立てのものもありました。

何ヶ月も準備して、披露するのはほんの数分。

その儚さと、仮装にかける人たちの情熱に惹かれました。

欽ちゃんが審査員の情に訴えて、強引に合格させるのも面白かったです。

この番組を観て、いつか俺も出てみたいなぁと思いました。

残念ながらその夢は叶っていません。

しかし、幸か不幸か。

今は仮装してマラソンを走る機会を得ています。

全日本仮装大賞に比べて、披露する時間はたっぷりあります。

観衆も多いです。

ハマらない理由がないですよね。
 
 
***
 
 
ちなみにカフカの変身では、虫になった主人公に対し家族はだんだん冷たくなっていきます。

そして、死んでしまいます。
 
 
もうすぐフロストバイト。

家族に冷たくされない程度に、変身を楽しみたいと思います。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

仮装大賞には出られなかったけど、仮装大将にはなれました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

広告