NAHAマラソンの記事が、ナースときどき女子というサイト内で紹介されました!

こちらの記事です。

体力勝負の看護業務をフットワーク軽くこなすには?体力作りのきっかけになる記事特集!

ファンランを愛する一人

なんて紹介されちゃってます。

てへ。

ナースときどき女子というサイトは、看護師の転職等をサポートする真面目なサイトのようです。

場違い感が半端ないですが、綺麗な感じで紹介して頂いて恐縮です。

この記事によって、走り始める人がいてくれたら嬉しいなぁ。

なんてことを思いました。
 
 
***
 
 
さて。

間が開いてしまいましたが、京都マラソンのレポの続き(ラスト)です。
 
 
—– ファンランを愛する人のようですが、今回もファンランの予定だったのですか。

「いいえ。ファンラン気分で走ったら絶対に新幹線に乗り遅れると思ったので、いけるところまでいこうと思ってました。」

—– どのあたりまでいけましたか。

「30キロまでは、キロ6を切って走れたと思います。」

—– 30キロから先は?

「やっぱりグダグダになりました。ハーフまではいこうと思ってたので頑張ったほうだと思います。」

—– 今回、ご主人は弱音吐きましたか?

「弱音は吐かなかったですね。最初からやる気ないオーラは全開でしたけど。」

—– やる気なかった割りには、弱音を吐かなかったんですね。

「俺は貝になるとか言ってました。弱音を吐かない時はダンマリですからね。貝というか、やっ貝ですよ。」

—– 朝だよ貝社員!ですね。

「ダンマリだけならまだしも、長いんですよ。」

—– 長いとは?

「トイレですよ。トイレ。小なのにやたら長いんですよ。」

—– 私も経験ありますが、走ってる時って縮こまって出が悪くなるんですよ。

「それにしても長かったですよ。隣のトイレは3人位入れ替わってるのに、まだ終わってない!みたいな。」

—– まあ、年のせいもあってキレが悪かったのでは。

「ほんとキレが悪いですよね。私の方がブチキレそうでした。」

—– さ、先が思いやられますね。

「全く。要貝護ですよ。」

—– お、お後がよろしいようで。
 
 
おしまい。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

こんな終わり方でいいのかしら。

あっさり(アサリ)し過ぎ?
 
 
よろしければ、ポチっとお願いします!

広告