土曜日は群馬県にある奥利根スノーパークに行ってきました。

前週のスキー合宿の時は、家を6時半頃出て高速は大渋滞でした。

その経験を活かし1時間早く出ましたが、やはり大渋滞でした。

密かにスキーブームが復活してきてるのでしょうか。

行きの高速は、ワイフに運転してもらいました。
 
 

ACCを使いこなすワイフ

 
 
ワイフとはブレーキのタイミングがピッタリなので、エアブレーキを踏む事はありませんでした。

お陰で爆睡する事ができました。

なんやかんやでスキー場に着いたのは、9時過ぎでした。

結局、3時間半くらいかかりました。

奥利根スノーパークは、水上ICから10キロほどと近くて便利です。

一番近いノルン水上は、水上ICから3キロです。

夕方は早めに帰りたかったので、リフト券は5時間券を購入しました。

体力的にも、これくらいがちょうどいいと思いました。

ちなみに、週末の奥利根スノーパークは夜中の24時まで滑れます。

朝6時から滑れるので、ぶっ通しで滑ったら18時間滑れます。

しかも!

小学生以下は、リフトが無料ですよ。
 
 
***
 
 
スキー場はゲレンデに音楽が流れてますよね。

奥利根スノーパークには、DJがいてリクエストされた曲を流してました。

そのDJのしゃべりがいい感じでゆるくて、ほのぼのしました。

このDJ

「体調悪い。体調悪い。」

を連呼してましたよ。

そんな中流れたのがユーミンの

『スキー天国サーフ天国』

でした。

懐かしくて涙ちょちょ切れそうになりました。

映画 『私をスキーに連れてって』の主題歌ですよね。

古き良き時代って感じです。

久々に聞きましたけど、やっぱりゲレンデにマッチしてるなぁと思いました。

自然は雪や太陽つれて
レビューを見せにくる
夕映え樹氷を染めれば
しばらく地球は止まってる
スイングしてる粉雪
ハイな気分にさせるよ

ユーミンの歌詞はさすがですよね。

お陰で俺もハイな気分になれました。

いや。

ぶっちゃけ、吐きそうな気分でした。

というのも、リフトに酔ってしまいまして。

ほら。

リフトって急に止まったりするじゃないですか。

その時に結構激しく揺れて、酔ってしまったのです。

ワイフからは、

「リフトに酔うって、致命的じゃん。」

なんて言われる始末。

確かにそうですよね。

なんとか、リフトの上からゲロをスイングする事なく済みましたけど。

そんなこんなで、

DJだけでなく俺も

「体調悪い。体調悪い。」

を連呼してましたよ。
 
 
まあ、帰るころにはすっかり良くなりまして。

群馬名物のソースカツ丼に舌鼓を打ったのでした。
 
 
  
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

マラソン地獄に深い意味はないです。

なんか語呂がいいかなぁと思って。

よろしければ、ポチっとお願いします。

広告