先日のブログでチラッと載せた、この本。

読んだことはなくて、ネットから拾った画像をネタとして載せました。

ところが、ワイフが読んでみたいと食いつきまして。

近くの図書館で借りようと思ったら、な、な、なんと80人以上が予約待ちでした。

人気なんですねぇ。

どうしても読みたい!

って事で、アマゾンでポチりました(ワイフが)。

柴門ふみのエッセイなのですがワイフ曰く、

「あるあるって共感できる事が多くて、面白い!」

と絶賛していました。

俺も少し読ませてもらいましたが、確かに面白いです。

ワイフが読み終わったら、借りて読もうと思います。

***
 
さて。

ツイッターをやめて、1ヶ月が経とうとしています。

フォローしてた人のツイートが気になって、こっそり覗いちゃうのかなぁ。

なんて思ってましたがそんなことは全く無く、やらなくても全然困らない事が判明しました。

ツイッターをやめて気付いたことがありましたので、簡単にご紹介します。

まあ、あくまでも個人的な気づきですけどね。
 
 
【6.俺ってやっぱりスマホ依存症だった】

ツイッターをやめてスマホを見る時間が劇的に減りました。

自分ではそんな事ないと思ってたのですが、どうやらスマホ依存症だったのかもしれません。

スマホ依存症というか、SNS依存症かな。

まあ、暇さえあれば見てましたからねぇ。

時間を決めて、ダラダラとツイッターを見ない。

というのは俺には不可能でした。
 
 
【7、ワイフの機嫌が良くなった】

ワイフと一緒にいる時も、ついつい見ちゃってましたからねぇ。

ワイフだけじゃなく、皆で飲んでる時なんかも。

これはやっぱり、一緒にいる人にとっては何なの?ってなりますよね。

「私よりもツイッターのフォロワーの方があなたの事を知っているってどうなの?」

そう、ワイフがキレるのも無理はありません。

これは大いに反省しないといけませんね。
 
 
【8.ツイッターは短文で手軽だけど、言いたい事は伝わらない】

ツイッターは文字数制限があるし、メンションがどんどん流れていきます。

それはそれで、バカなこと呟けるから楽しいと思ったときもありました。

ツイッターとブログを使い分けできればいいのでしょうが、そこまで器用ではありませんでした。

二兎を追うもの・・・になってしまってたような気がします。
 
 
【9.ツイッターはストレス発散の場かと思ったら、意外とストレスが溜まる場だった】

ストレス発散になるかと思って始めたツイッターですが、意外とストレスが溜まったりするんですよね。

例えば。

・突然フォローを外される。一体なぜ・・・。

・あの人はフォローされているのに、俺はフォローされない・・・。

・知りたくもないような情報を目にする。本人に直接言えよ・・・。LINEでやれよ・・・。

・楽しそうな宴に俺は呼ばれなかった・・・。

などなど。

まあ気にしなきゃいいんですけどね。

俺は度量が狭いというか割と気にしぃなんで、止めて無駄なストレスから解放されました。
 
 
【10.ブログのコメントが増えた】

劇的に増えたわけじゃないですけど、少しずつ増えてきました。

そして、俺もブログにコメントすることが増えました。

ついついツイッターで済ませてしまう事が多かったですからねぇ。

ついついツイッターって、なんか語呂がいいですね。
 
***

ツイッターは単なるツール。

そう割り切って利用できる人には、とっても便利だと思います。

俺も最初はそう割り切ってたつもりですが、いつのまにか依存しちゃってましたね。

手段が目的になってしまったら、止め時かなぁ。 
 
***

今日も読んで頂きありがとうございます!

健康のために始めたマラソン。

健康を害するようになったら、止め時ですかね?

ポチッとお願いします!

広告