去年盛り上がったエア柴又。

今年はりょうたさん主催のもと行われるようです。

公式サイトは、こちら

かなり、凝ってますね!

同じ時期に行われる、喜多マラソンも顔負けです。

喜多マラソンの公式サイトは、こちら。
 
 
って、なかった・・・。
  
 
今年のエア柴又ですが、6月に家庭内ビッグイベントがあるため残念ながら参加できません。 
 
 
***
 

さて。

去年のエア柴又フィニッシャーであるこの俺が、上から目線で大会の楽しみ方を伝授しちゃいますよ。 
 
 
【その1】

とにかくエントリー!

走れるか走れないか微妙ってな感じで迷ってる人は、とにかくエントリーしといた方がいいと思います。

実際の柴又のエントリー費は100Kで22000円、60Kで16000円もします。

これだけ払って走れなかった日にゃ、涙目ですよね。

でもエア柴又のエントリー費は、0円!

万が一走れなくなっても、痛くも痒くもないです。

まあ、タダより高いものはないって言いますけど。

プライスレスなプライドをお持ちで無い限り、大丈夫でしょう。
 
 
【その2】

1人よりも複数の方がいい!

1人で黙々と走るのもいいですが、複数で走った方が気持ちが折れません。

それに。

写真を撮ってもらったり、
 
 

 
 
流血しても手当てしてもらえたり。
 
 

 
 
一緒に走ってくれる人がいると、とっても心強いです。
 
 

 
 
極限状態になると、人間の本性を見れたりしますしね。
 
 

 
 
【その3】

コンテストには参加すべし!

走る以外の楽しみがあるのは、エア柴又ならでは。

用意されているコンテストは、できるだけ参加した方が楽しさ倍増です。

去年はお弁当選手権が行われ、気合いを入れて臨みました。
 
 

 
 
走る事よりも、こちらの方に注力していたと言っても過言じゃありません。

何日も前から試作とかして、楽しんでました。
 
 

 
 
【その4】

ある程度ストーリーを決めて走ると、より楽しい。

ブログにこういう事書きたいなぁ、ってイメージしてそれをトレースする感じ。

ガチのレースだとなかなかできないですよね。

去年のエア柴又のテーマは、『大切なモノを持って走ろう』でした。

俺の頭の中では、とにかくゴールして大切なモノを持った写真を撮りたかったのです。
 
 

 
 
だからどうしても、完走したかった。

じゃないと、物語は完成しませんもんね。
 
 
自分の中の夢物語が、現実になる。
 
 
エア柴又にはそんな楽しさがあると思います!
 
 
***
 
 
今日も読んで頂き、ありがとうございます!

一番言いたかったのは、

柴又とシアバター。

なんとなく似てるよねって事です。

更新の励みになりますので、ポチッとお願いします!

広告