チャレ富士試走の翌日も走って、何気に9日連続で走りました。

だから何だって話ですけど。

そのまま土日も走ってGWをファイナルアンサーしたかったのですが、土曜日はランオフしちゃいました。

でも日曜日は走りましたよ。

あと今日の朝も走りましたよ。

GW中それほど暴飲暴食はしてないし、それなりに走りました。

結構痩せたんじゃないかなぁ。

と期待しながら、今朝体重計にのりました。

結果は71.3Kg。

GW前の測定から、0.5Kg減りました。

イエス!微減!
 
 

 
 
あと2週間ちょっとで、1.3Kg落とせるでしょうか。

非常にキビシー!

状況DEATH。
 
 
***
 
 
チャレ富士試走の続き。

西湖はジョギングコースがあって、距離表示の看板が立っている。

1キロから10キロまでは1キロ毎。

次に20キロ、その次が30キロの看板。

1周10キロちょいだから、20キロ、30キロ走りたい人用の距離合わせの看板だと思われる。

西湖はコンビニが全くなく、自販機も少ない。

30キロ走るとしたら、それなりに装備を持って走らないといけないだろう。

西湖を1周まわって、今度は激坂を下って河口湖方へ向かった。

上りは歩き倒したが、下りはもちろん走った。

それなりのスピードで下っていたつもりだが、後ろからきたお爺さんランナーが颯爽と我々を抜いていった。

「こんにちはー。」

と挨拶をしながら。

これで何故かワイフのスイッチが入ってしまった。

急に加速をはじめ、みるみると差が開いていった。

ワイフは両手を広げ、飛行機のように坂をグイグイ下りていった。

俺はぼう然としながら、ワイフの後を追った。

坂を下り切ったところで、ワイフは待っていてくれた。

「ど、どうしたの?急に。」

そう声をかけながら、俺もワイフのもとへ近づいた。

「あのお爺さん見たら、急にスイッチが入っちゃった。」

とワイフ。

西湖に住む魔物が、野生のマーガレットを目覚めさせたのか。

それとも。

あのお爺さんランナーが、謎のフェロモンを撒き散らしながら走っていたのか。

謎である。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

そういえば、

「私、加齢臭って意外と好き。」

って言ってたような。

更新の励みになりますので、ポチッとお願いします!

広告