昨日は青山に用事がありました。

練馬の自宅から、20キロ弱。

当初は走って行こうと思っていたのですが、天気が悪かったので車で行くことに。

走って行こうと思ったのは、嘘ですけどね。

車中、

「ここは東京マラソンで走るよ。」

「新宿シティマラソンでここ走ったねー。」

なんて事を話していました。

ランナーっぽいですね(笑)

楽しく会話しながら走行していると、やや強引に車線変更する車がありました。

お礼のハザード点灯(サンキューハザード)もなく。

「あぶねーな。」

俺がその車に向かってつぶやくと、

「ほんと杉並ナンバーむかつく!」

と妻。

さらに続けて、

「元々練馬ナンバーだったくせに、すかしちゃってさー。」

と、怒りの矛先は件の車から杉並ナンバー全体に広がっていました。

現在の都内のナンバープレートは以下のように、品川・世田谷・足立・練馬・杉並・多摩・八王子の7つ。
 
 

 
 
俺が上京した頃は、品川・足立・練馬・多摩・八王子の5つだけでした。

世田谷ナンバー・杉並ナンバーは3年位前に、いわゆるご当地ナンバー制度でできたようです。

世田谷ナンバーは元々品川ナンバー、杉並ナンバーは元々練馬ナンバーだった事になります。

練馬生まれ、練馬育ちの生粋の練馬っ子である妻は、どうも杉並区の造反が鼻につくようです。

気持ちは何となくわかります。

ナンバープレートからのイメージってありますよね。

足立ナンバーは運転が荒いとか、八王子ナンバーはヤンキーが多いとか、品川ナンバーはおしゃれっぽいとか。

まあ、血液型と同じで、全くの偏見ですけどね。

ちなみですが。

ご当地ナンバーができる時、品川ナンバーから独立する世田谷区からは多くの反対が出たそうです。

一方。

練馬ナンバーから独立する杉並区からの反対は皆無だったようです。
 
 
「練馬ナンバーと群馬ナンバーは似てるよね!」

という言葉にも妻はちょっとイラっとしてました。
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

たまに見る富士山ナンバーって、山梨と静岡の両方にあるんですねぇ。

よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村

広告