香港が中国に返還されてから、今年でちょうど20年。

そんな節目の年に、香港を訪れました。

俺は初訪、妻は20年ぶりの訪問となりました。

今日から数回に渡り、香港旅行のあれこれを書きたいと思います。

まず、おったまげーな事は前にも書いたエスカレーターの速さ。

まじ最初に乗る時はビビりました。

まあ、画像の速さはやらせ臭プンプンですけどね。

ネットの情報によればニューヨークは秒速0.46m、日本の場合は秒速0.5mが平均だそうです。

香港はというと、秒速0.8mだそうです。

日本の倍近く速いってことですね。

理由としは、香港の人は非常にせっかちだからみたいです。

巣鴨あたりでこのスピードでエスカレーター動かしたら、乗れない人続出じゃないでしょうか。

香港では老人の方も、俺らよりスムーズに乗り降りしてました。

やっぱり慣れなんでしょうね。

歩行者用の信号機は常に『カチカチ』とメトロノームのような音が鳴っています。

赤の時は子守唄のようにゆくっりしたテンポなんですが、青になると運動会のようにテンポが早くなります。

さあ渡れ!早く渡れ!とっとと渡れ!

ってな感じで。

地下鉄に乗ったのですが、電車が到着する間隔が恐ろしく短かったです。

東京も通勤時間帯は5分おきくらいにきますが、香港はその比じゃなかったです。

多分1分も間が空いてないんじゃって気がしました。

駅や電車も非常に混んでいて、2、3本見送らないと乗れなかったりするのですが、すぐに次の電車が来るのでストレスは感じませんでした。

車の運転もかなりエキサイティングでした。

強引な路上駐車、無茶な車線変更、容赦ないクラクション。

チキンな俺は、香港じゃ運転できないなぁと思いました。

街中はどこにいっても人でごった返してました。

それも若い人が多かったです。

暑さもあり熱気が凄まじかったです。

人酔いしそうでした。
 
 
***
 
 
今日から愛妻弁当再開です。
 
 

 
 
本日はタコ飯。

タコの味が染みて、美味しゅうございました!
 
 
***
 
 
今日も読んで頂きありがとうございます!

少子高齢化が進む日本とは真逆のパワーを感じました。

よろしければ、ポチっとお願いします。

にほんブログ村

広告